英語の勉強を始める前に【目標設定の重要性】



英語を勉強する時、

 一番大切にしなければならないことは

どんなことか?

 

 

1週間でぺらぺらになるノウハウ?

 

どんな難しい単語でもすいすい覚えられる技?

 

よい参考書の情報?

 

英語付けになる環境?

 

大切なことは確かですが、

このどれもが「一番」大切ではないのです。

 

 

英語学習はゴールがあって無いようなもの。

 

だから自分がどうなりたいのかということを明確に

自分の中で認識しないといけない。

 

英語が出来るようになりたいという気持ちでは不十分で、

 

英語学習ってそもそも終わりがない。 

どこまで出来るようになったからといってそこが終着点ではない。

ネイティブとしゃべれるようになるという目標だって曖昧。

 

 

そう、適切な目標設定

これがかなり大事。

 

だからこそ、目標を超具体的に設定することで

英語の勉強に対してモチベーションを保つことが出来るようになる。

 

たとえば、英語がしゃべれるようになりたいという目標であれば、

 

具体的な目標となる人を決めること。

 

英語のネイティブでもいいし、英語がしゃべれる日本人を目標にしてもいい。

とにかく大事なのは具体的な人をイメージしてそこに向かう

 


 

何となく話せるようになりたいという目標だと

そこにたどり着くまでに目標がぼんやりしていてくじけてしまう。

 

 

具体的な目標があれば、自分との差を常に意識できるし、

 何がどれくらい足りないのかということを検証することも出来る。

 

 

 

 

 

とにかく超具体的に決める

 

これが目標設定のキーポイント。

 

資格試験を目指している人であれば、

 

もっと目標設定は簡単で、

たとえばTOEICテストで730点取る!とか英検準1級をとる

とか成果が見えやすいので目標がたてやすいし、その目標に到達するために

何が足りないかということもわかりやすい。

 

どこまでの語彙力が必要で、

どのくらいのスピードで文章を読む力が必要で、

どれくらいの取りこぼしまでは許されるのか、

(ここは結構重要だったりする)

 

だからこそ、最初の目標設定は面倒かもしれないが、

かなり気合いを入れてやって欲しい。

 

 ・いつまでに?

・英語を勉強して、どんな自分を手に入れたいのか?

・資格試験の場合、目指すレベルはどのレベルなのか?

 

この目標設定ができるとモチベーションがあがる。

 

モチベーションがあがると、

毎日継続して取り組むことができるようになる。

 

 

英語はスポーツや一輪車と一緒で、

練習しただけ上手になる。

 

 毎日こつこつ継続して取り組めることが

何よりの武器であるし、上達の秘訣。

 

 

 毎日が苦行にならないように楽しく

勉強していくことも大事だけれども

 自分の中に強いモチベーションを持つことも

毎日続ける原動力になる。

 

 日々、英語にふれて取り組んでいこう!

という気持ちを育てるためにも、

 

 

超具体的な目標設定をしていきましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ