スラッシュリーディングで英文を今より3倍早く読む方法


スラッシュリーディングという言葉を聞いたことがありますか?

学校の授業で英文にスラッシュを入れさせられた記憶のある人、
いると思いますが、まさにそれなんです(汗)

当時、こんなスラッシュ入れて何の意味があるの?
って思ったかもしれませんが、

このスラッシュリーディングが
できるようになると今よりはるかに速いスピードで英文を読みこなす
ことができるようになるんです!



だから学校の先生は、これをやらせたがってたんです^^;


私も塾講師時代は長文問題を解く時にはスラッシュを入れさせながら
長文を解説していました。これは単純に眠くならないように(笑)
という意味もあるんですが、やはり長文をいまよりも効率よく読んで
ほしいからこういうトレーニングさせてたんですね。


なぜ早くなるのか?


日本の英語の授業って「和訳主義」なので、
英語をきれいな日本語に直すことが正義なんです。


だから余計な動作を無意識にしてしまっているのです。
その余計な動作を排除することで早くなるという理屈です。



例えば、この文を例に。


This article contains tips for those who are eager to increase their vocabulary.
(DUO3.0 例文18より)




まず、頭から読みますよね。

This article contains tips

ここまで読んで、
「この記事は役立つ情報を含んでいる」
まで理解。

for those who are eager to〜ってのを見て、
あ、これってまた動詞出てきちゃってるから
関係詞で何かの言葉を説明してるんだな〜って思い、

thoseの内容をwho以下で説明してる!って
認識した後で、しかもthoseって「あれら」かと思ったら、
whoって続いてるから人じゃん!「(あの)人たち」ってことか、
と認識してから、、

those以下は、
「熱心に語彙を増やしたいと思っている人たち」

って意味か。。と認識してから、
forは「誰それさんのために〜」って意味だったから、

この記事は熱心に語彙を増やしたいと思っている人たちのために
役立つ情報を含んでいる





こういう意味か〜!


となるわけです。

まぁコレを無意識のレベルでやれるくらい、
受験の世界では訓練をするのですが、

この「和訳主義」がスピードを妨げてるのが分かりますか??


英語のネイティブなんて、後ろから前に戻って読んだりなんて
ゼーーーーったいしません。


当たり前ですよね。


前から読んで前から順番に理解する。


この「返り読み」ってのは日本人特有で、
日本語と英語の語順が大きく違うためこのようなことが起こります。


後戻りしていれば当然スピードは落ちますし、
同時に無駄な時間を使っていることになります。


さらに、
どうせなら英語を頭から読んで頭から理解したいですよね。


そのために、
意味のかたまりで理解していく訓練をするのが、
スラッシュリーディングなんです!



コレが出来れば
Part7はもちろんのこと、Part5やPart6のリーディングセクションも
スピードが上がりますし、意外なことにリスニング力も伸びます。


不思議ですよね〜

英語を頭から理解するということに慣れると
英文も聴きやすくなるってことなんです!


では、スラッシュリーディングってどうやるの?


意味の区切れ目と思われるところでスラッシュを入れてください
といって、ちゃんと出来る人と全くできない人が居ます。

英語がある程度出来る人、まぁTOEIC(R)600点〜の人であれば
何も教えなくてもなんとなく切れるのですが、英語学習歴が浅い人や
昔から英語が苦手だったという人にはかなりキツイみたいです。


特に決まりはないのですが、
以下のようなルールでやるとうまくいきます。



・主語の後ろ
・動詞の後ろ
・接続詞の前
・カンマの前
・関係詞の前



先ほどの例文であれば、

This article / contains / tips / for those / who are / eager to increase / their vocabulary.

こんな感じでしょうか。


この記事/含んでいる/役立つ情報/あれらの人たちのために/
あれらの人は/熱心に増やしたい/語彙

これでなんとなく(ここ重要!)
文の意味はわかりますよね。

こうやって頭から意味を取っていく習慣をつけていくことが
できるようになるためにスラッシュリーディングを取り入れるのです。


でも問題点があります。。

まだ、英語学習を始めたばかりで
ボキャブラリーや文法の知識が少ない人ですと、

「え?どれが動詞なの?」
「接続詞って何?」
「to 〜って動詞なの?」

とかいろいろわからないことだらけで、
スラッシュリーディング自体できない可能性があります。


そういった場合は、
焦ること無く、基礎を固めてください。

英語の基礎はボキャブラリーと基礎文法(中学英文法)です。


まとめ

・英文が早く読めないのは無意識の返り読みが原因
・スラッシュリーティングで英文を頭から読む習慣をつける
・名詞や動詞が何か分からないという人は語彙の基礎をまずつける



photo credit: see you next year via photopin (license)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ