英単語は必ず覚えないといけない?


英語を勉強する上で、切っても切り離せないのが英単語の勉強。
英語の勉強の中でもかなーり地味な部類に入るので、面倒くさいとか



やってらんねー(´Д`)ハァ…




なんて思っている人はたくさんいるはずです。


でも、英単語を覚えなくても私はいいと思っていんです!


って言ってほしいでしょ?(笑)

ひじょーーに
残念ながら英単語は必ず通らなければならない道なんです。


ずーっとお付き合いする必要はないのですが、
どこかで苦しんでもらうことが必要です。

なんでか?ってのを説明しますね。


単語がわからないと全く手が動かなくなる



単語を全く知らない状態で、
英語使いましょう!

なんて言われても全く手も足も出ません。


なんだかんだで単語力は必要なんです。
物の名前や動作をあらわす言葉を知らないと
日本語でも苦労しますよね。それと同じです。

日本語なら日常生活の中で吸収できますが、
日本にいると英語と触れる機会がほとんどなくなってしまうので、
単語はきちんと覚えていくほうがイイですね。


スポーツで言うところの基礎体力みたいなものです。


私の考えでは、英単語を一番きちんとやらないと
いけないのは中学生。その次に高校生ですね。



大学受験(センター)の英単語までは一般的に「基礎」
と言われるのでここまではきちんと最終的に身につけて
おきたいですね。


ここが一つの境目だと感じています。


英語が苦手だった人は中学生用の単語集、
中学の英単語位は全く問題ないという人は
大学受験用の単語集にチャレンジしましょう!


自分に合う単語集の見つけ方


まず、本屋に行きましょう(笑)
Amazonではダメです。

なぜなら
中身を直接見ることが重要だからです。


ある程度中身を知った上で買うのは構いませんが、
何も見ずにで買わないように気をつけましょう。


見出し語は1単語1義となっているもの
(細かすぎる単語集は嫌になりますので・・・)

あとチェックポイントとしてはCDが付属しているか。

これは私の中では最重要チェックポイントです。
音声は両手がふさがっていても勉強可能です。

後は好きずきです。


今回は大学受験用の単語集で底上げをするという
目的のため、無難なターゲットをえらんでおけば間違いないでしょう。

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)


つまるところ、
山口がいいなと思った単語集が皆に刺さる単語集ではないし、
とにかく楽しく続けれらそうな単語集を準備してほしい!

ということを言いたかったんです。



最初の最初は中学レベル


語彙力は普段の問題集や模試でだんだんついていくものですが、
そのベースとなるものは作っておかないといけません。

私が考える最低限のベースは
「中学レベル」です。



中学レベルまでの語彙があれば何とかなります。
以下のサイトから中学に必要な単語をDLしてみてください。




ざーっと単語を眺めてみて、
わからない単語があれば要注意。

1個、2個だったら問題無いですが、
何個も何個も出てきます(泣)

という場合は中学レベルからやりましょう。


英語学習は背伸びせず、積み上げることが大事。


ここはプライドをぐっとおさえて中学生レベルの
英単語からはじめてみるようにしましょう!


まとめ

・英単語の勉強は必要!
・レベル判定は自分に厳しく!(甘くしすぎない)
・基礎となる部分なのでスキップすることが出来ない。
・最低で中学卒業レベル、高校卒業レベルがあるとなおよし。



ーーーーー
ブログランキングに参加しています!
よろしければ応援のクリックお願いします!


TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


photo credit: Biblical via photopin (license)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ