730を目指す人のためのTOEIC Part3対策


Part3を攻略するコツ


TOEICのPart3は会話文形式の
長文リスニング問題。

Part1やPart2に比べて一気に英文の量が増えます。
その分、質問に答えるためによりたくさん記憶
しておかなければならない。

正直ここからが辛いです。

でも意外なコツで正答数を上げることができるんです。


Part3ってそもそもどんな問題なのか?


Part3は男女の会話形式で
だいたい30秒ほどの内容を聞き取り、
その内容に関する3つの質問に答える
というものです。

以下に日本語で例をあげます。



男性:
すみません、この店でメガネを買った者ですが、
レンズがすぐ外れてしまうのです。

女性:
見せていただけますか?
レンズは問題ないのですが、フレームに傷があるため
外れやすくなっているようです。お取り替えすることで
対応致しますのでお預かりしてもよろしいでしょうか?

男性:
今昼休みでこれからすぐに職場へ戻らないといけないのです。
また夕方改めてお伺いします。


質問1:この店では何を売っていますか?
(A)メガネ
(B)カメラ
(C)家具
(D)金物類

質問2:女性は男性に何をすると申し出てますか?
(A)昼食を食べに外出する
(B)上司と話す
(C)交換する
(D)製造元に連絡する





こういった形式です。
問題によってはもうすこし長くなることがありますが、
だいたい2往復くらいして終わるケースがほとんどです。

NHKラジオ講座のラジオ英会話1レッスン分の
分量くらいですね。


とにかく問題文を聞く事に集中


問題を先読みしなさいとか、
待ち伏せしなさいとか、
TOEIC攻略本にはよく書いてありますが、

私が特に強調したいのは、

「問題文を全力で聴け」

ということです。


先読みは二の次。
とにかく流れてくる会話文に全神経を集中させてください。

多くの人が問題文に目線を落としながら、
答えの根拠となる部分が読まれたらマークしたりしている
のですが、その方法では聞き逃しが非常に多くなります。

マークシートに印だけチョンとつける
という戦法だったとしても、やはり聞き逃しが多くなります。

なぜなら、
問題文を読みながら会話文を聴くというのは、
その時点でマルチタスクになっていて、どっちつかずになってしまう
可能性があるためです。
問題文も適当にしか読めない。
会話文もなんとなくしか聴けない。


これじゃ正解できませんよね( ´ー`)フゥー...


かつての私はまさにこんな状態でした。
Part3が始まるとまるでお葬式のようでした・・・


でも問題文のことはさておき、
会話文に集中すると、意外ときちんと聞けることに気がついたのです!
これで私の場合、正答率が50%→85%くらいまですぐ上がりました。


そんな、会話のことを一部始終覚えてらんないよ〜
ッて思うかもしれませんが、意外とできます。


まずはやってみてください。


ほんとにとにかくやってみてください。騙されたと思って(笑


その時に注意して欲しいのは、
会話文を聴くときは問題文を見ずにマークシートに目線を向けること。


問題文を見ると無意識に問題文を読んでしまいます。
これでは意味が無いので、マークシートに目線を移して集中です。


会話文を聴き終わってから上から順番に問題文を読んで
選択肢にマークする。


これで十分間に合います。


ただし、ずっと言っているように
即断即決は必須。これはTOEICにおける全パートで言えること。

うだうだ悩まないでスパッと答えを決めましょう。


Part3の復習法


730点を目指す人のPart3復習法ですが、
私はこれだけでいいと思っています。

とにかく聴きまくる。スクリプトを見ながら!


スクリプトを見て意味あるの?と思う人もいるかと思いますが、
結局意味の分からない英文を大量にインプットしても
ただの時間の無駄なのです。


だから、スクリプトを最初から見て、その上で
聴きまくるというが有効なのです。

・どの単語が聞き取れなかったのか
・それは何故なのか
・音声のリダクションはどうなっているのか
・文法的に理解できるか
・単語はすべて知っている単語か

この辺りをしっかり何回も聴いて
辞書で調べて、潰し込んでいきます。

問題文も同様です。
実際の試験では短時間でさらっと読む必要があるので、
文法的に理解できているか?ということを確認して下さい。


究極これでいいです。730であれば。

900点台を目指すとなるともっともっとストイックに
取り組む必要がありますが、まず730の壁を破るには
とにかく聴きまくるこの方式で大量のインプットをしていきましょう。



まとめ

・質問文の先読み<問題文の聞き取り
・スクリプトを見ながらとにかくたくさん聴く

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ