形容詞と副詞がみるみる分かる方法【日本語と考え方は一緒!】


そもそも品詞って言われてもピンと来ないとか
そんな難しいこと言われても知らないよー!

 

というあなたに!!

 

 

じゃあ、日本語の場合、形容詞とか副詞ってどういう
ものなのか?ということを説明していきます。


私自身、英語の品詞という理解はあるにしろ、
結局のところ「国語」の文法知識がベースになっているので
英語の品詞がスッと馴染んだという感覚があります。

TOEIC攻略のための品詞として挙げた
「形容詞」「副詞」に絞って説明していきますね!

動詞は説明する必要もなく
“動作を表す”の一言で終わってしまうので・・・(笑

まずは形容詞を攻略

形容詞の例を日本語で挙げてください、
と言われたらどんな単語を思い浮かべますか?

例えば

・白い
・美しい
・広い

1つでも思い浮かべることが出来ましたか??


全く思い浮かばない・・・という場合も
落ち込む必要はありません。

形容詞とは何か?をまずは日本語で理解しましょう。

・物事の性質や状態を表す
・言い切りの形が「い」でおわる

この2つです。


言い切りの形っていうのは、
辞書でその言葉を引く時にどのような言葉で調べるか
想像してみるとわかりやすいです。


例えば、

「白く」濁った水が溢れてきた。

の「白く」を辞書でひこうと思ったら、
「白く」では調べないですよね。

無意識のうちに「白い」と辞書で調べているはずです。

これが言い切りの形です。


英語の場合はこの言い切りの形って
全く関係がないのですが、形容詞を理解する上で
感覚として持っていると手助けになりますので
理解しておくと便利です。

そして、ここが英語的には一番大事で



「形容詞は名詞を修飾する」


ということなのです。

例えば、

赤いリンゴ

というフレーズの場合、

「赤い」「リンゴ」

を単語を分けることが出来ます。
その上で、品詞を考えてみましょう。

「赤い」は物事の性質を表していて
辞書で引くときも「赤い」で引きますので

赤い→形容詞

リンゴは物の名前なので

リンゴ→名詞


となりますね。

ここで、「赤い」はリンゴがどんなリンゴかを
説明している言葉になるので修飾語になり、
リンゴという名詞を説明しています。

POINT

・形容詞は名詞を修飾する!


副詞を理解する上で必要な「用言」って?

これまた国語の文法のお話になりますが、
これもこの後の説明をスムーズにするためのものなので、
ちょっとだけ我慢して飲み込んでくださいね。

副詞を理解する上で
「用言」という考え方があると楽になります。

ざっくり言うと用言とは、
「動詞・形容詞・形容動詞」を指します。

もうちょっと詳しく言うと、
「自立語で活用のある単語」っていい方ができるんですが、
受験生の時に国語の文法が苦手だった人は特に気にせず、



「用言は動詞・形容詞・形容動詞〜」


と念仏のように唱えていればOKです。

形容動詞は日本語特有のものなので、
英語だけで考える場合には動詞と形容詞だけでOK。

副詞の役割も同じく、物事の状態を表す言葉だけど、
形容詞と違うのは説明する品詞。


「副詞は用言を修飾する」

つまり、
副詞は動詞や形容詞を説明する言葉です


例えば、

私は毎日学校に行く

という文の「毎日」は副詞です。
毎日はどの言葉を説明しているか?

毎日→行く となるので、
動詞の「行く」を説明しています。

 

POINT

副詞は動詞や形容詞を修飾する!


まとめ

・形容詞は物事の状態をあわらす言葉で名詞を修飾する!
・副詞は物事の状態や性質をあらわす言葉で動詞と形容詞を修飾する!

この2つをしっかりと覚えれば英語の品詞攻略は半分以上クリアですよ〜。

6 Responses to “形容詞と副詞がみるみる分かる方法【日本語と考え方は一緒!】”

  1. 弘中 より:

    勉強になりました。

    • コメントありがとうございました。
      品詞の理解は日本人が英語を理解する上でとても大事だなぁ
      と日々感じてます。参考にしていただき何よりです。ありがとうございました。

  2. どらだら より:

    なるほど…と思いました。^ ^
    参考にさせていただきます。

    • コメントありがとうございました!
      品詞の話はTOEIC対策の文法では欠かせないネタなので参考にしていただければ幸いです。
      大人が英語をやり直す上で品詞理解はかなり重要な基礎部分かと私自身思ってます。

  3. どらだら より:

    とてもわかりやすかった^ ^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ