TOEICも試験対策が必要【英語力✕対策力=得点力】


TOEICのスコアを上げたい理由は様々と思うのですが、

やはりTOEICは試験なので対策をすることで得点を

大幅に伸ばせます。





次にどんな設問が来るのか?





これがわかっているだけで心の準備も頭の準備も

することができるのでより余裕を持って問題に取り組める。





TOEICは時間が短いから作戦が必要



本当に、本当に短い。





リスニングは100問で

音声により進むのでボーっとしていようが、

真剣に取り組もうがいわば音声がペースメーカーになるので、

ある意味時間の管理は適当でもOK。





問題はその後のリーディングセクション。



100問の問題に対して、75分しかない。

1問1分で解答したとしても全然足りない。





驚愕ですよね・・・。



私は大学受験や高校受験の時の模試なんかでは

絶対に時間が余る人だったのですが、

ことTOEICでは全く時間が足りません。



これは当然で、

受験と同じように問題を解いていたら

いつまでたっても最後まで走り切ることが出来ません。



間違いなく最後の20問くらいはマークシートを勘で塗りつぶす





「塗り絵」




になっちゃいます。





だから、

英語力だけではTOEICの高得点を狙うことは出来ないのです。



敵を知り、

事前に装備を固めてから望むべきなのです!



リーディングセクションの解き方を

しっかり訓練することで回答時間が3倍以上も短くなるし、

タイムマネジメントにも気を使う余裕が出てくる。



まずはTOEIC初心者の方はリーディングの対策から

始めることを強くオススメします。





英語力を上げていくだけで満点を取れるか?



結論から言うと取れます。



Youtubeで有名になったバイリンガールのちかさんは

実際に何の対策もせず、TOEIC初受験で満点を取っています。





でも、社会人がこれをやろうとすると、

多分10年は少なくともかかります。



ちかさんの場合は、海外での生活が長いので、

英語のネイティブスピーカー並みの語学力があり、

更に、情報処理能力にも長けているので100問という大量の

情報もしっかりさばけている。





社会人がこれから英語を勉強して

TOEIC満点が通過点になるような力を身につけるのは

途方も無い努力と時間の投資が必要。







特に、時間の制約が何かとあるサラリーマンは、

英語力向上に対策をプラスすることで

より効率的にTOEICを攻略するのが良いです。





結果が出れば当然モチベーションも上がってきますし、

継続することが楽しくなり、更に英語力が伸びる

というプラスの循環に入ることができるようになります。



彼女とのデートや友達との飲み会をずーっと断って

空き時間はすべて英語に捧げて、

やっとTOEIC800点取りました!



ってのはちょっとさみしいですよね。





ですから、





TOEICのスコアを上げたい!



と少しでも思っているのであれば

TOEICに特化した試験対策をするべき。






では何をするべきか?



TOEICの攻略法を解説している本を1冊購入して勉強していきます。





TOEICの対策本を書店で手にとってレイアウトや雰囲気など

気に入ったものを買うのがいいのですが、絶対にやって欲しいのは





必ず著者のプロフィールをチェックすること。


  • きちんとTOEICの試験に熟知している人なのなのか?
  • 初版が古すぎないか?
  • CDが付属しているか?


この辺りをまずはしっかり確認するべきです。



私はミーハーなので、書店で平置きになっている対策本を

買ってしまいましたが・・・。



年間売上数1位とかその辺りの指標もひとつの参考になりますね。



そして購入した後は、

まずは一冊購入してひと通りやる。



そのあと、



各Partごとのポイントをノートに箇条書きでもいいのでまとめる。





これが基本です。



インプットして、アウトプットする。

このアウトプットで記憶に刻み込みます。



ブログをやっているのであれば記事にしてもイイですね。





まとめ





・TOEICの得点力は「英語力×対策力」

・英語力だけで突破するには時間がかかりすぎるので対策を必ず絡める

・対策力アップには対策本を購入してひと通り勉強する




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ