英文法は必要ないはウソ?【社会人のための”急がば回れ学習法”とは?】


社会人が英語を勉強しなおす時に文法を勉強し直す必要があるのだろうか。

学生の時は英語が苦手で全然文法なんてわからなかったから
イチから戻って勉強し直さないといけないのかな、


なんて考えている人は本当ににたくさんいますね。


結論から言ってしまうと、
僕は必要だと断言します。


これが小さな子どもだったり、
時間的に余裕のある人だったりすれば別ですが、
働き盛りのサラリーマンには 子どもが言葉を覚えていくように
英語を習得していくのはかなり非効率です。

特にTOEICという資格試験にターゲットを合わせるのであれば



めちゃめちゃ非効率です。



ゲームなどで、説明書を見ずに
なんとなく繰り返していたら上手くなっていた
という経験はあると思います。



本当は たくさんの英語を聞いて、

真似して、 
英語の語順の感覚を磨いて、 


自然に身につけていくのがいいのですが、
大人はそんな時間ありませんよね。

少なくとも、 僕にはそんな時間はありません。



ということで、 ある程度文法を理解してから
進んだほうが近道になるので最低限の文法は
完璧に理解したほうがよいという考え方です。


ではどこまで戻ればいいのか?




ズバリ言うと中学英語までです。




僕自身、中学英語からあまり進化しているような感覚はありません。 
高校の英語は若干複雑になったように感じますが、
それは、 一気に覚えなければならない単語が増えるからです。 

ある意味錯覚ですね。




とまあ、高校英語の話はさておき、


中学英語をどのように確認していくか、


ということですが、
自分の力を確認するのに一番いいのは、

「高校受験用の文法問題集を解いてみる」


これが一番わかりやすいです。

もう捨てちゃった人も多いと思いますが、
なければ書店に出向いて文法に特化した問題集
(参考書付きでなくてもこの時点ではOK)
を1冊買っておきましょう。


書店で立ち読みして こりゃ全然わからないな・・・



となった場合は、 学年別になっているものを選びましょう。


中1から順番に見ていって、
わからないなと思った箇所があればその学年からスタートです。



中学英語レベルの英文法は
積み残しが絶対にあってはいけないので必ず潰し切ります。
この機会にあやふやな所をしっかり理解して先に進みます。



大事なことなので繰り返しますが、
絶対に妥協せずに 分からないところが無いようにすることが大事です。




中学英語レベルの知識がふらついていると
その上にいくら積み上げてもすぐ崩れちゃいます。

ここはこの先の勉強を効率化する意味も込められているので、
丁寧に、しぶとく取り組んでください。



この文法の勉強は、
TOEICで言えばリーディングセクションの Part5、Part6の対策になります。

中学英語を固めることで、
PART5やPART6の文法問題の取りこぼしがなくなります。


現在のTOEICスコアが500点未満の場合は、
文法がふらついている可能性が非常に高いです。


回り道をしないためにも、 

まずは中学英語が理解できているか、


今更?と思うかもしれませんが、
必ずチェックするようにしてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ